10月25日から開催された大北海道展に行ってきました!

 

毎年この時期に行われる新宿高島屋の大北海道展に行ってきました。
ここで買い物をすると『もう、今年も終わるのか・・・』と、感じてしまいます。
いつもは11月の上旬、お歳暮の時期と重なるのですが、今回は分かれてしまっています。
自分としては2回も行かなくてはならないのかと、ちょっと不服です。
でも、今年はちょっと欲しい雑貨もあるので、終日髙島屋だと疲れるから、分けていくのもたまにはいいかと感じています。

 



 

2017年、今回購入したもの。

 

 

マルヒロ太田食品のコロッケ

これは一昨年食べて美味しかったのでリピートです。
今回、夕方に大北海道展に行ったので、すでに1000円パックでお値打ち価格になっていました。
何が入っているのかわかりませんが、コロッケ福袋としてもこれだけおおきければ嬉しいです。

 

コーンコロッケと、カニコロッケは入っています。
ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展06_マルヒロ太田食品
全てのコロッケをカットしてみました。
断面萌えしますかね?

(こんなにカット撮らなくてもよかろうに・・・)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展23_マルヒロ太田食品

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展24_マルヒロ太田食品

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展25_マルヒロ太田食品

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展26_マルヒロ太田食品

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展27_マルヒロ太田食品

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展28_マルヒロ太田食品

 

ポテト部分はお砂糖が入ってるぐらい甘いです。
何しろ美味しいし、ボリュームがある。
ソースをつけなくても食べられる味なので、いくつでも食べられて止まらないです。
マルヒロ太田食品さんは函館のお店ですので、行くことがあったら是非行きたいです。

 

十勝の豚丼とローストビーフ丼

 

旬彩 高心さんです。(リンク先は高心さんの食べログページです。)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展07_旬彩_高心

 

豚丼の味付けはちょっと濃いめです。
どんぶりなのでご飯が進みますね。

牛も甘味があり、ジューシーです。
電子レンジで温めて食べましたが、出来立てをそのまま食べたら、肉汁が口の中に広がるんだろうなと想像してしまいました。

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展08_旬彩_高心

 

 



 

麦音満寿屋商店

 

 

ラクレットがけのパンです。
昨年はあったかな?
チーズのにおいにひかれてしまい購入。

 

ポンタくんの中身はあんこのようです。

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展01_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展02_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展03_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展04_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展05_麦音(満寿屋商店)

 

こちらはパンをカットしてみました。

とろーりちーずぱんは、ガスコンロの魚焼き部分で2分ほどあたためて食べました。

オーブンがあればもっととろっとさせるまで頑張るんですけどね。

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展29_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展30_麦音(満寿屋商店)

 

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展31_麦音(満寿屋商店)

 

 

こちらはレジにおいてあったショップカード。

ちーずぱんの美味しい食べ方が書いてあるのかと思って中身を見ないで持ち帰ってきてしまいました。

 

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展12_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展09_麦音(満寿屋商店)

 

 

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展11_麦音(満寿屋商店)

 

 

 

こちらはチーズの説明でした。
自宅で食べるとき、このラクレットチーズがかかったとろーりチーズパンの出来立てが食べれるのかと期待して持ち帰ったのですが・・・残念。

 

とろーりチーズパンととろーり・明太チーズパンには十勝ラクレットチーズモールウォッシュが使われています。

 

なんと、この十勝ラクレットチーズモールウォッシュは、美人の湯として名高い十勝川温泉の湯を使っているそうです。
モール泉に含まれている植物由来の温泉成分がチーズの発酵を助ける成分が含まれています。
だから濃厚で薫り高いチーズとなったのですね。

(参考:十勝品質事業協同組合 TOKACHI PRIDE)より
十勝産のラクレットチーズの美味しい食べ方が書いてあったので、どこかでラクレットチーズを購入したときに参考にしたいと思います。

 

 

 


十勝ラクレットご家庭での召し上がり方

【上手な溶かし方】
①ラクレットを薄くスライスして、テフロン加工等のフライパンの上で並べる。

②弱火から中火弱で、2分程度、スプーンやはしで混ぜながらトロトロになるまで溶かす。
③あらかじめ用意しておいた温野菜(ジャガイモ、ブロッコリー等)にかけ、お好みで黒コショウを少々ふりかえて完成。
引用:十勝品質事業協同組合 TOKACHI PRIDEより

 

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展13_麦音(満寿屋商店)

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展10_麦音(満寿屋商店)

 

 

こちらは店舗案内。

 

なんと、満寿屋商店さん、満寿屋商店東京本店って目黒にお店があるんですね。
11月6日から17日まで店舗改装でお休みするとのこと。
リニューアルプレオープンが2017年11月18日(土)~21日(火)開始、
リニューアルグランドオープンは2017年11月23日(木)~26日(日)とのこと。

 

美味しいパン屋さんでしたので、他のパンも食べたいです。
駐車場もあるので、是非近所を通った時に立ち寄りたいですね。

 

 



 

釧路おが和

 

 

こちらも毎年リピートして購入してます。
つぶ貝雲丹和えも美味しいですが、今回は鮭のルイーベをセレクト。

釧路おが和さんのホームページでも購入できます。

そのページでの名称は鮭の切込みになっています。
冷凍でも2か月は持つので、100gパックと200gパックに分けて、今、食べる用と、お正月食べる用と分けたりします。

 

 

毎年ひとつはいただいています。

以前は紅鮭ししゃもっ子(ししゃも卵の独特のプチプチッ!とした歯ごたえは鮭フレークの新しい新触感。炊き込みご飯として一緒に炊き上げたこともありました。)

 

 

甘えびの塩辛もおすすめです。

甘えび本来の甘さが口の中にまったりと広がるんですね。塩辛と言う割には塩の味はあまりありません。プリプリとした食感も楽しめ、辛口の日本酒にのおともに是非ともしたい味。

 

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展14_釧路おが和

 

 

 

 

 

 

森彦の珈琲

 

 

髙島屋友の会に入っているのではがきで大北海道展の告知が来ます。
そのはがきを会場に持っていくともらえます。
先着2000名とかの限定です。

 

昨年は羊羹(五勝手屋羊羹)でした。

 

 

今年はコーヒー。森彦は丸山公園駅の近く、徒歩4分です。
ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展15_森彦

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展16_森彦

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展17_森彦
インターネットからでも贈答用のリキッドコーヒーや、カフェインレスコーヒーが販売されています。

もちろん、今回いただいたドリップパックの販売もありました。

 

 

 

 



 

これだけは外せない!札幌魚河岸ひかり寿司!

毎年毎年・・・
札幌魚河岸ひかり寿司を食べるだけのために通っています。(リンク先は札幌魚河岸ひかり寿司さんの食べログページです。)
食べると幸せにしてれるし、頑張ったとも感じるし、頑張れると力をもらっています。

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展18_札幌魚河岸ひかり寿司

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展19_札幌魚河岸ひかり寿司

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展20_札幌魚河岸ひかり寿司

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展21_札幌魚河岸ひかり寿司

 

ねじなせかい_2017takashimaya_大北海道展22_札幌魚河岸ひかり寿司

 

10月26日初日の19時頃にはすでに完売していたもの。

 

ペイストリースナッフルスのチーズオムレット

 

実はスイーツのお土産の購入も考えていたのですが、既に完売。
購入を考えていたのはペイストリースナッフルスのチーズオムレット。

 

 

時間がなくて買えなかったもの。小樽洋菓子舗ルタオのガレットフロマージュ。

 

まだ、その時間には販売していたのですが、購入時間がなく買えなかったものは小樽洋菓子舗ルタオのガレットフロマージュです。
個人的にガレット、好きなんですね。
あのザクザクした感触とほんのりした甘さ。
どうやら、髙島屋のバイヤーとの共同開発品とのことで、ルタオに行っても販売していないとのこと。
髙島屋主催の北海道展だけの販売品のようです。

 

あぁ・・・買いたかったなぁ・・・

 

ガレットは各日各種100点限りなので、販売していたら買った方がよいですよ!

人気のLeTAOのドゥーブルフロマージュ
はまだ数量ありました。
土日は売り切れてしまうこともあるので、早めに購入したほうがよいと思います。

 

 

 

Sponsored Link