カテゴリー:スイーツ・お土産の記事一覧

ねじなせかい

毎日悩むお弁当作り、簡単にできるおかず、おすすめ作り置きおかず、アレンジおかず弁当を紹介していきます。お土産でいただいたお菓子についての情報を紹介します。

カテゴリー:スイーツ・お土産

銚子電鉄を救った元祖ぬれ煎餅をいただきました。

 


 

 



 
銚子に行くなら駅前の土産店で買ってこいと言われたらしく、同僚がお土産を買ってきてくれました。

 

銚子電鉄。
今年の27時間テレビで銚子電鉄の銚子駅のリフォーム改装工事で盛り上がりましたよね。
一部の鉄道ファンには、昔の面影の方が良かったという声もあったらしいですが、やはり小学生の子供も安心して使える駅舎に生まれ変わった方が実際は良かったのではないかと思います。

 
昔の姿を名残惜しんで、さらに今の姿とどう違うかもひとつの歴史として写真に収めて、ステキアングルを探してもらえるといいのではないかと思います。

 



 

潰れそうで潰れない銚子電鉄を救っているのがこのぬれ煎餅

 

ねじなせかい_銚子ぬれせんべい_201711

 

年配同僚の方の話によると、銚子電鉄が潰れそうになった時に地元の主婦たちが、潰してはいかんと奮起してお土産としてつくったのがこのぬれ煎餅だそうです。

 

個包装のパッケージにはこのように書いてあります。

青のうす口味

醤油の辛さを抑えたうす口のぬれ煎餅です。
ダシの美味しさを存分に活かした味となっております。

 

そういえば、銚子には銚子醤油工場がありましたね。
小学校の頃に家族旅行で行きました。
醤油を絞り出したカスを、工場見学の土産に持ち帰ったのですが・・・どこにやったのかな。

 

銚子電鉄ぬれ煎餅、建て直したという話に納得する味。

 

自分もメーカーのぬれ煎餅も過去には食べていますが、醤油の味付けが美味しい。
程よい甘さもある醤油味。
ダシの甘さなのかな?
さしみ醤油のような甘さです。

 

お土産としてもらった直後ではなく、少し時間をおいてから食べたからかもしれませんが、おせんべいというよりも、もち米を粗くすり潰したおもちのような触感でした。

 

杵と臼でぺったんぺったん7分ぐらいの荒い餅の磯辺焼きを食べたような印象。
これは、餅好きのひとはとまらなくなるぬれ煎餅ですね。

 

次回は自分で買ってみよう。
とても美味しく懐かしい味。

 

素朴とはいえ、とても満足するお土産でした。
確かに、リピートしたくなるのもわかる味でした。
 

Sponsored Link

 







お茶ようかんはさいころ形状。長野県の温泉地で販売されているよ。

 


 

 



 
長野方面に日帰り温泉ドライブをしたときに購入したお茶羊羹。
価格としては写真のようなサイコロ羊羹が6個入って350円。
 

ねじなせかい_長野お茶羊羹02_201711
 



 

中身はいたって普通の羊羹です。
ほんのりと抹茶の味がするかなという状態の抹茶羊羹。
首都圏でよくみかける形状は細長いのですが、四角形。

 
羊羹の形状で特許でも取っているのだろうかと悩みます。
それとも、仕事しながら食べることを想定した作りで細長いのが関東、お皿に出して食べるのがキューブ形状で販売している所以とか。

 

ねじなせかい_長野お茶羊羹01_201711

 

ちょっとだけ、謎について考えたお茶ようかんでした。

 

Sponsored Link

 







柏餅は信州みそ!長野県のスーパーで買った味噌餡の柏餅は信州味噌味だよ。

 


 

 



 

先日、5月連休の際に立ち寄ったスーパーで買った柏餅。
(注:トイレ休憩しました。)
なんと、関東だと白みそなのですが、さすが長野!

 

信州味噌を使った柏餅でした。
 



 

色的にはどうですかね。
わずかに赤みが強いように感じるのは個人的な思い込みでしょうか?

 
ねじなせかい_柏餅02_201705
 

疲れているときに食べたのでなんとも言い難いですが、白みそよりも若干甘さが強いような気がします。
とはいえ、必ずしも濃い緑茶なしでは食べられないという甘さではありません。

 
ごく普通にしょっぱすぎず、適度なおいしさですから、続けてもうひとつ食べてしまいました。
自分は小豆の甘さが甘すぎて、幼いころはあんこの柏餅は全く食べれなかったです。
今は小豆の通常の柏餅も食べますが。
 

ねじなせかい_柏餅01_201705

 

そのときに母が買ってきてくれた味噌餡の柏餅が甘さ控えめだったので、珍しく完食していたそうです。
それ以降、我が家は味噌餡の用意が必須になっています。

 

Sponsored Link

 







最新の広島もみじ饅頭は中身はアンコではない。

 


 

 

広島と言うともみじ饅頭。
もみじ饅頭と言えば中身がこしあん。
そんなイメージがありませんか?

 

そんなイメージが一気に払拭されるもみじ饅頭をいただきました。

 




アンデルセンとにしき堂さんから販売されているあたらしもみじ。

いただいた中身の餡は瀬戸の檸檬フロマージュ。

 

 

いつもみかける餡子のもみじ饅頭よりも一回り大きいし、何よりも包装がプラスチック容器に入ってからの袋詰めだから、バラマキ菓子のレベルではなく、これは贈答用レベル・・・

 

 

ねじなせかい_もみじまんじゅう_201711

 
思わず、結構高かったんじゃないか?と聞いてしまいました。
戻ってきた返事は、

 

広島と言ったらもみじ饅頭なんで、どうしても食べたかった。

 

とのこと。
 

饅頭と言うと和の集合物と感じますが、このもみじ饅頭はケーキと和の集合体。
中身の餡は檸檬の酸味が聞いたクリームで、レアチーズケーキを食べているような錯覚に陥ります。
餡だけを小さなどんぶりによそって食べたくなるような、何度も食べたくなる味でした。

 

Sponsored Link

 







サンリオと言えばキティ!サンリオピューロランドのお土産はキティのクッキー。

 


 

 



 
サンリオピューロランドのお土産はキティちゃん型のクッキーでした。
やはり、サンリオキャラクターと言えば、キティちゃんですよね。
 

個人的には、今のキティちゃんよりも、30年以上前の横向き座りのキティちゃんの方がなじみがあります。
あの時は青いデニムっぽいつなぎのズボンを着ていたよね。
男の子なのか女の子なのか判別つかなくって、赤いリボンだから男の子、黄色いリボンだから女の子っていう感じで性別分類していた思い出があります。

 

自分はまだ、行ったことがないのですが、ショーの衣装が素敵と言う話をききました。
衣装フェチな性格もありますので、一度は訪れてみたいところですね。

 
ねじなせかい_サンリオピューロランド_201711

 

 



 

 

 

 

Sponsored Link

 







京都土産は丹波の黒豆が入った一口サイズのクリーム大福。

 


 

 



 

いつも実家規制しても手ぶらで帰ってくる同僚が、久々に購入してきた大福。
丹波の黒豆を使った一口サイズのクリーム大福です。
京都の福知山出身だそうですが、福知山の場所が正直よくわかっていない私。

 



 

ねじなせかい_京都_丹波だいふく_201711

 
クリーム大福なので、外側の大福皮というのでしょうか、こちらも柔らかく感じました。
お土産とはいえ、もうひとつ食べたいぐらいのなめらかさ。
もちろん、黒豆も入っていました。
でも、豆のサイズが小さいから、口の中の滞在期間がどうしても短いですね。
疲れているときにちょうど良い甘さでした。

 
丹波の黒豆。
近年、天候不良のため収穫量が減ったという話がニュースで流れたりしますね。
お正月料理の煮豆に使うから、今年は無事に収穫できてくれるといいな。
 

Sponsored Link

 







ガレットってクッキーの薄焼きのこと?厚いクッキーと勘違いしてました。

 


 

 

自分は厚めのクッキーをガレットと思っていたのですが・・・これって勘違いだったのですね。
先日カルディでガレットと書かれているパッケージに惹かれて購入したのですが、
とんだ勘違いでした。

 



 

大きくGALETTESと書かれている。

 

でも、どうみても1枚が薄い。
ねじなせかい_カルディ_ガレット01_201711

 

 

 

 

 

ねじなせかい_カルディ_ガレット02_201711

 

 

やっぱり薄い。

 

ねじなせかい_カルディ_ガレット03_201711

 

4枚で33gとまで書かれている。

 

ねじなせかい_カルディ_ガレット04_201711

 

材料は卵と小麦とバター。

シンプルレシピでなぜこの触感。

 

ねじなせかい_カルディ_ガレット05_201711

 

ガレットという単語を調べてみると、もともとそば粉のガレットから発生したお菓子みたいです。

フランスのとある地方で小麦を始めとする野菜があまり収穫できないところに、中国からそばの種が伝わってきたようです。

そこにそばを撒いたところ、無事に収穫できたので、その地方の郷土料理としてそば粉を片面だけ焼いた上にソーセージのせたり生野菜をのせたりした料理が定着。

 

片面薄焼きの蕎麦粉料理がガレットというようですよ。

 

フランスだし、つい、お菓子から発生した名前がガレットで、それを日常の食卓デビューしたものがそば粉のガレットかと思っていました。

 

パンがなければお菓子を食べればいいじゃないのという、マリー・アントワネットのお言葉が頭をよぎった瞬間でした。

 

 

 

Sponsored Link

 







JA花園にあるメロンパンが美味しい。

 


 

 

 
関越自動車道花園インターを降りて松山方面に行くとJA花園があります。
これは大きな道の駅なのです。

 



 

 
2区画という大きな敷地です。
 
ねじなせかい_JA花園メロンパン_201711
 

コンテナハウスのような建物にメロンパン屋があります。
外側はかりかり、中はもちもち。

 
購入直後に食べてしまったのですが、あまりにも美味しくて、持ち帰り用にさらに追加購入してしまいました。

アイスを挟んだメロンパンも販売しています。
夏場は是非食べてみたいですね。

 

Sponsored Link

 







佐久市にあるちゃたまやというたまごやのプリンが濃厚で美味しい。

 


 

 

佐久市と小諸市の間辺りにあるちゃたまや。

 



 

 

販売している浅間小町と言う名のたまごもとても美味しいのですが、自分が好きなのはこのぷりん。
このお店、シュークリームの中にぷりんが入っている商品も、日によってあります。
ねじなせかい_長野県ちゃたまや_チョコプリン201705

濃厚な卵をつかっているからでしょう。
プリンも濃厚です。

 

たまごの直売所だからこその低価格。
これで300円以下なのだから本当に嬉しい。

 

リピートしました!今度は秋にちゃたまやさんに立ち寄り。チョコプリンを購入しました。

 

通常のプリンも美味しいですが、個人的にはチョコプリンの方が好み。
さすがケーキも作っているちゃたまやさんと、関心するチョコプリンです。
どうぞご一緒にお読みください。
 

リピート!ちゃたまやというたまごやのチョコプリンの表面がガトーショコラぽい!

リピート!ちゃたまやというたまごやのチョコプリンの表面がガトーショコラぽい!

にほんブログ村前回、普通のたまごプリンを食べた時も濃厚すぎて美味しかったのですが・・・このチョコプリンはガトーショコラ好きにはたまらない美味しさです。自分はよく...

投稿 2017/12/20

 

Sponsored Link

 







新宿エキナカの結の羊羹を購入したよ!期間限定のハーフサイズがお手頃。

 


 

 

新宿駅構内にある和菓子屋さん結で期間限定の羊羹を購入。
この羊羹、めざましテレビで放送されていた商品で、気になっていたのです。

 

 



 

 

包装紙につつまれています。

帯どめ風のゴムがかわいらしい。

中身が何かわからないかたにはわくわく感を与えます。

 

 

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定09

 

中はこんな感じ。

期間限定のあいさつ文?

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定08
ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定01

 

日本の象徴富士山。

その四季折々、豊かな自然の移ろいをぎゅっと一棹に閉じ込めました。

富士の『天の原』

秋の彩りです。

 

羊羹って単位が【棹】ということに初めて気づく。

箪笥と同じだよ、棹って。

 

 

開いたらこんな感じ。

ん~・・・

きっと、開けてもなんじゃこりゃって感じですよね、コレが何かわからない方には。

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定02

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定03

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定04

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定05

 



 

 

横にして初めて『富士山!』ってわかるかも。

これはカットしないと楽しめない芸術品だと思う。

 

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定06

 

ねじなせかい_新宿_結_羊羹_季節限定07

 

個人的には、羊羹ではなく、この技術を元にパーティー用の押しずしを作ってほしいのだが・・・

 

 

自分で作ってみようかな。

 

 

 

Sponsored Link