【人気記事】グラマシーニューヨークのチョコブーケ
せんべい

おかき屋百代の直売工場で購入したよ!ミルクかりんとうと、チーズ味アーモンドの揚げせん。

 


 

 

 

前回はお土産でいただいたおかき・・・おせんべいですが、後日直売工場のパンフレットを頂きました。

 

さっそくおかき屋さんに向いました。

 

今回訪問したのは工場です。

 

日曜は休みと書いてありましたが、祝日も休みではないだろうかという心配をよそに、現地ついたら開店していました。
工場部分はお休みのようです。

 

個包装された揚げせんを購入。味はチーズ味アーモンド。

 

この百代の揚げせんは中にアーモンドが含まれています。
食感がとても美味しいんですね。
チーズ味ということで風味も美味しい。
もちろん、この直売工場では試食もできます。
試食したときはとても美味しく感じたのですが・・・
帰宅後に食べたらちょっとチーズがしょっぱいかな。
お酒のつまみにはちょうど良い、軽いサクサク食感とアーモンド。

 

ついつい癖になってしまう味ですから、連続で食べるのは我慢が必要です。

 

おせんべいやおかきはカロリーが高い。
米を原料としているので、カロリーも高いです。
さらにカロリーを高く上げているのが味付けで使われる塩分。

 

おせんべいやおかきって、お茶うけとして食べられることが多いので、若干濃い味付けになっていることも多いんですね。
ついつい食べ過ぎてしまうと、お茶碗一杯以上のカロリーを摂取していることにもなりかねないので注意が必要です。
食べる量をあらかじめ設定して、そこから食べ始めましょう。

 

 

 







 

 

見た目はごくごく普通のかりんとう。

 

太さも大人の指ぐらいの太さなので、食べやすい大きさですね。

 

でも、違うのはサクサク触感。
おかき屋さんが作ったかりんとうなので、サクサク触感がとてもいいです。
軽く何個も食べてしまうから、お皿に数個出して食べた方がよさそう。
そのぐらい、軽くパカパカ食べてしまうおいしいかりんとうなんです。

 

お砂糖(粉砂糖)がまぶしてあるので、指先に付いたり、ちょこっと服にこぼしてしまいます。
それも美味しい食べ方のひとつに感じますが・・・
仕事中に食べながら作業するには向かないかな?

 

ミルクかりんとう。ミルクの由来は原材料。

 

ミルクかりんとうの主な原料は小麦粉です。
でも、生地を作るときに牛乳と脱脂粉乳をいれてるんですね。
でも、やはり揚げてしまうと茶色くなってしまうんですね。
クッキーみたいに白いままではいかないのかな・・・

 

それとも、白いお砂糖を強調させて美味しく見せるために、生地を茶色くするまで揚げているのかな?
クッキーの材料とあまり変わらないのに、こんなにも食べ方が異なってしまうとは。

 

調理って楽しいですよね。

 

お店の情報

 

おかき屋百代/有限会社萩原米菓
所在地住所/埼玉県東松山市下唐子1539-8
電話番号/0493-24-9231

 

 

Sponsored Link