コスモスの道という佐久平にちなんだコスモス型のサブレ―を頂いたよ

サブレというとどうも幼い頃から食べなれた鳩サブレが頭に浮かびますね。
鳩サブレは千鳥屋ですが。

 

 

 

クッキーよりもサクサクしていて、口のなかの水分がちょっと取られてしまいそうな感じですよね。
口のまわりにボロボロと食べこぼしを付けるのが子供流の食べ方です。
まぁ、大人になっても、ボロボロ落ちますけどね。

 

 

 

今回紹介するのは長野県佐久に旅行されたという方から頂いた、コスモス花型のサブレです。
パッケージもコスモスに似たピンク色ですしかわいらしいです。
佐久市にはコスモス街道という、道の両側に初秋からコスモスの花が咲く道があるそうです。
そこにちなんだ名称のお菓子なのでしょうね。

 

ねじなせかい_長野土産_201701_24

 

サブレの味はバターが効いている優しい甘さ。
鳩サブレよりも厚みがありますね。
個人的な比較でいうと、コスモスの道サブレの方が、1.5倍、鳩サブレよりも大きいです。
手のひらサイズのコスモスの道サブレですが、厚みがあるのでとても食べごたえがあります。

 

 

 

このコスモスの道サブレを作っている佐久市の和泉屋さんは、和菓子も洋菓子も作られているようです。
洋菓子のお店は2階にカフェスペースを併設されています。
店舗も佐久市佐久平駅東に位置し、佐久ハウジングパークの近くにあります。
近所を通ることがあったらケーキも食べてみたいですね。

 

 

Sponsored Link